アーカイブ | 8月 2016

  • 配合ホルモンの比重が過多なアフターピルと低用量ピル

    避妊方法として事前に服用することにより、排卵を抑制し妊娠を防ぐ方法が低用量ピルです。 低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンが含まれており、それが妊娠中の女性に働く作用と同様の効果があります。 妊娠中は既に子宮に受精卵が着床しているため、排卵を抑制するように脳下垂体が身体をコントロールします。同様に低用量ピルは服用することにより吸収されたホルモンが脳下垂体に身体が妊娠中と錯覚させます。 そうやって排卵を抑制し、例え、精子が体内に浸入してきたとしても子宮経管で入ってくるのを防ぎます。 しかし、低用量ピルは毎日の服用が必須です。もし、飲み忘れて性交渉してしまった場合や、普段から服用していない方が避妊を忘れてしまった場合、最後の避妊手段として用いるのがアフターピルです。 アフターピルにも女性の身体に働きかけるホルモンが配合されています。 しかし、その比重は低用量ピルに比べ過多となっており、服用することにより受精卵の着床を強制的に防ぎます。 例え、受精したとしても着床できないため妊娠に至らないようになっています。 しかしこのアフターピルを服用する場合、避妊に失敗してから72時間以内に飲む必要があります。 さらには低用量ピルに比べ、副作用もあります。重い方ですと吐き気、頭痛などが24時間続きます。その後は落ち着き、後遺症もありません。 服用したからと言って不妊になることもありません。 しかしこのアフターピルは緊急避妊薬とも言われ、避妊に失敗した時の最後の手段です。 副作用からも分かるように女性の身体に負担をかけてしまいます。 避妊を望むなら、身体に負担のない低用量ピルやコンドームを使用した方がいいです。