アーカイブ | 4月 2016

  • アフターピルは持っておきたい常備薬

    性行為をすれば、妊娠をしてしまう可能性があるのは言うまでも有りません。 そして、妊娠をしても問題ないという人は少ないものですから、妊娠をしたくなければまず第一に性行為をしない、性行為をしないという選択を出来無いのであれば避妊を徹底するしか有りません。 性行為には様々な意味合いがありますから、妊娠をしたくなくても性行為を我慢するというのも難しものとなってしまうため、現実的な方法としては避妊を徹底するしかないのです。 避妊の方法としてコンドームを使うというカップルは多いものですが、これは正しく用いれば高い確率で妊娠を防ぐことはできますが、正しく使うことができているという人は少なく避妊に失敗してしまうケースも有ります。 そこで、万が一の時に備えて用意をしておきたいのがアフターピルです。 これは性交の後に避妊をすることが出来る薬であり、直後に使えば高い避妊効果を期待することができます。 体に対する負担の大きな薬であるため、アフターピルに頼った避妊の仕方というのは絶対に避けるべきですが避妊に失敗をしてしまった場合に備えて常備しておくのは大きな安心感があります。 アフターピルは性交後72時間まで効果があるとされており、服用が早ければ早いほどその効果を期待することができます。 常備をしていなければ医療機関で処方をしてもらうまでに時間がかかってしまいますから、その間に妊娠をしてしまうという恐れも出てきますが、すぐに服用できる状態にしておけば極限まで妊娠の可能性を低くすることができます。 避妊に失敗をしてしまった後に出来ることは限られていて、妊娠をしてしまってからでは遅いものですから万が一という時のことを考えてアフターピルを常備しておくと安心です。
  • アフターピルでの吐き気とその対処法

    女性の方の中には、子供の面倒を見る事が出来ないような家庭環境なので、避妊をしようと考える方も多いです。 しかし、避妊は必ず上手く行くという訳では無く、場合によっては上手く行かない事もあります。 そういった時に便利なのがアフターピルです。アフターピルは緊急避妊役薬として人気が高く、緊急時にも避妊が出来るのがメリットです。 女性ホルモンが多量に含まれている商品で、この女性ホルモンのおかげで避妊をする事が出来るようになっています。 しかし、注意したいのが、女性ホルモンを多量に摂取しなければならない為、副作用が現れるという点です。 副作用の症状は実際に商品を使用して成分を摂取する方の体調や状態によって差が出ますが、特に多いのが吐き気です。 実際に嘔吐をしてしまうという方も多く、ストレスも溜まりやすくなってしまいます。 快適な生活にも支障が出る可能性が高い為、少し困った点です。吐き気に悩まされるのは嫌という方は、先に吐き気止めを手に入れておきましょう。 吐き気止めなら吐き気を抑えてくれる為、どうしても吐き気に耐えられなくなった時に使用して、何時も通りに生活をする事が出来るようになります。 アフターピルを飲むタイミングや、商品によっても違うので、評判等を調べて人気が高いような商品を選ぶようにすると、安心して使用する事が出来るようになります。 お店で購入するのが恥ずかしかったり、お店で見当たらない場合は、インターネットを利用して通信販売サイトにアクセスして、確実に良い商品を選んで注文するようにしましょう。 評判は最近だとインターネットを利用する事で簡単に調べる事が出来るようになっている為、商品を選ぶのも簡単です。