アフターピル服用後の検査と子宮筋腫に低用量ピル

コンドームを使用しなかったなど、特に避妊法を用いずに性行為をした時に、至急妊娠を防ぐ方法が存在します。アフターピルと呼ばれる内服薬がそれに該当します。この薬を72時間以内に服用することで、高い確率で避妊効果が得られます。100%の確率ではないものの、12時間以内に服用すれば、100%にきわめて近い効果を発揮してくれます。
アフターピルを服用したタイミングから数日、もしくは3週間以内に生理がやってくるようになります。生理による出血が見られたなら、避妊に成功したと判断できます。3週間が経過しても出血が見られなければ、婦人科で検査を行なったり、市販の妊娠検査薬で妊娠の可能性をチェックするようにします。
女性の身体はとてもデリケートな存在で、子宮の周辺に様々なトラブルが発生する確率が高くなっています。その中でもポピュラーな症状として、子宮筋腫があげられます。この筋腫は良性腫瘍に該当するため、よほどの症状がない限りは、経過観察だけで十分なことが多くなっています。しかし、生理痛や出血量が多くなる、不妊症などの原因になることがありますから、対処する方法を実践するようにします。
対処法として有効なのが、低用量ピルです。アフターピルとは違い、定期的に服用することで、避妊効果が得られる内服薬になります。これを服用することで子宮筋腫が小さくなったという報告がありますので、今妊娠を希望する人でない限りは、低用量ピルで不快な症状を抑える方法を活用したいところです。
低用量ピルは服用をやめれば、生理が訪れるようになり、妊娠できる身体に戻すことができます。副作用が少なく、年齢に関係なく安心して服用できる内服薬として注目されています。