アフターピルとペッサリーではどちらが効き目があるか

避妊方法としては、コンドームの着用が一番身近です。男性器に装着するだけの手軽さであり、病気まで防いでくれるためにほとんどのカップルが避妊方法として採用しています。しかし、これは男性主体の避妊方法であるという欠点があります。
女性主導の避妊としては、アフターピルやペッサリーなどがあります。妊娠はとくに女性側にとっての大きな問題であるため、もしものときのために避妊手段を自分で持っておくことは安心につながります。これらの女性用避妊方法は、どちらの方が効き目は高いのでしょうか。
まずペッサリーは、子宮口に被せ物をすることで、精液が内部に侵入することを防ぐものです。女性用コンドームのようなものですが、着脱には少し慣れる必要があります。医師によって着脱してもらい、そのまま生活できるタイプと、必要なときにだけ自分で装着するタイプとがあります。正しく使えれば良い避妊となりますが、人によっては痛みを感じたり、排尿のトラブルや、避妊に失敗してしまうこともあります。初めて使うときには、医師の指導を受ける必要があるでしょう。
一方、アフターピルは性行為の後に飲む事で避妊になる医薬品です。通常のピルは排卵をコントロールすることで受精を防ぎますが、こちらは事後に服用するものです。効果は高いですが、処方は医師の許可が出されなければされず、そのためには産婦人科を受診する必要があります。体質や健康状態によっては服用できず、さらに防ぐのはあくまで妊娠だけなので、性病など性器の直接接触による病気は防げません。
メリットとデメリットを把握した上で、まずは専門医に相談してみることが先決です。また、避妊と性病の予防にはパートナーの理解も必須なため、カップルで来診することもおすすめします。