アフターピルの避妊率と使い方

アフターピルというのは、避妊にいったん失敗した場合などのために、事後的に避妊ができるように工夫された経口避妊薬、いわゆるピルの一種です。アフターピルとして専用につくられた製品であれば、黄体ホルモンのような女性ホルモンを主成分としていますので、口から服用するだけで、その成分が血液中に吸収されて、排卵を防止したり、子宮内膜の壁が厚くならないようにしたりといった効果を発揮します。
このアフターピルの使い方ですが、基本的には性行為があったあと72時間以内に1回だけ服用することになります。ただし、通常の計画避妊用のピルをアフターピルとして用いる方法もあり、その場合については、同様に72時間以内に1回、さらに24時間後に1回と、合計2回服用することになります。通常の用途であれば、ピルの錠数は1錠だけですが、事後避妊の目的であれば、それでは成分量がたりませんので、1回に2錠以上を服用することになります。服用する錠数については、製品によって異なるため、医師の指示にしたがって、定められた錠数とすることが必要です。
このようなアフターピルの避妊率ですが、性行為があってから時間が経過するにつれて少なくなるとされています。一般的に、72時間というタイムリミットぎりぎりであれば、7割から8割程度の避妊率があるとされており、それ以降はまったく避妊の効果がないわけではありませんが、避妊率が極端に低くなってしまうことが指摘されています。逆に、24時間以内といった時間帯であれば、9割程度の避妊率を確保することも可能となっていますので、産婦人科の医師などに相談して、はやめに処置をすることが重要になってくるといえるでしょう。
■アフターピルが気になるなららこっそり購入しませんか?
アフターピルの通販